FC2ブログ
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.01.06

風味

風味

人間も 野菜も 漬物の風味があって 一人前

数年前ラジオ番組でご紹介して頂いて以来、母が「心の師」と仰いでいる永六輔氏より
昨年末このような粋なお手紙を頂戴しました。
棟方志功の観音様が刷られたうえに、さらさらと筆でしたためられた封書は
年の瀬の慌しい時間をひととき忘れさせ、読むほどに深く味わいのある言葉でした。

さてこの贈り物をどのように感じとるか。
人間に漬物の風味?
漬け込んだ味わいとは、年を重ねることかしら?
重しを押されて、アクも抜け、程よく水分も抜けた後の香り。
漬物とは、そのようなことを指し示しているのかしら?
年を越しても、いまだに禅問答のようなものです。
今日は、「そろそろ額装を」と思い改めて手に取り、そしてしばらく見入っていました。

言葉は預けられるもの。
贈られた言葉、放たれた言葉、読んだ言葉、歌った言葉
どれも自分自身に預けられたもの。
いつかその言葉をきちんと裡に吸収した後で、はじめて誰かに託すことができる。
そう気づいた時、人の話を聴くことが一層好きになっていました。

年輪を重ねてつむぎだされた含蓄を指針として、日々漬け込みに携わりたいと思います。
素敵なことばをありがとうございました。

スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://maruimarui.blog15.fc2.com/tb.php/65-f6fe6bf6
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。