--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.11.23

インド滞在記Ⅶ ~まとめ~

飛行場
 
インドへは、エアインディアで往きました。理由はふたつ。日程が日本の航空会社と合わなかったのと、割安だったから。ちょうど機体も新しくなり快適に、そして週半ばの出発で混雑もせず、ゆったりと楽しめた空の旅でした。偶然にも向かうフライトでは、マザーハウスの方とご一緒になりました。鞄内にマザーハウスのパスケースを持っていたので、「いつも鞄とパスケースを愛用しています」と伝えることも出来てうれしく思いました。

 初インドで感化されたことは数知れず。そんななか「インドの今」に少なからず触れることができたのは、マカイバリ紅茶を教えてくださった方のおかげ。そして滞在中の限られた時間のなかで、抜群の感覚で選び抜かれたショッピングにも連れて行って下さいました。オーガニックのみを扱う食料品店、車道わきに所狭しと並ぶ屋台の数々、真新しく巨大なショッピングモール、パリコレにも出展されるようなおしゃれなお店から、普段使いにできる洋服店、伝統的な文様を現代的に施した食器やインテリア、インドで産出された宝石を集めたアクセサリー店、など等…。円高とはいえ、さみしい財布のなかを吟味しながら記念に何点か買い求め、今では我家で活躍中。

 下記写真は、そんな素敵な感覚の持ち主の、デリーの御宅。お手本にしたいところがたくさんあります。

house

 たくさんの方に支えられたインド滞在。こうして振り返りながら、受け取ったもの与ったものの大きさに、今更ながら感じ入ります。すくすくと私の心裡で育っているものもあれば、結晶化してきらきらと輝いているものもあり、これから指針になることも少なからずありそうです。先ずは、マカイバリ茶園で学び思ったことを具体化する第1歩として、今週金曜日、初めてマルイ漬物の現場である工房内で「ぬか漬け講座」を行うことにしました。インド滞在中に考えたことも交えお伝えできればと思っております。底冷えする寒い工房内での講座ですが、皆さまにお目にかかること楽しみにしております。どうぞあたたかくしてお運びください。

(あとがき)
 拙い滞在記にお付き合いいただきありがとうございました。遠方に住む友人から「旅行記をまとめてね」と言われて始めましたが、書き始めると、あれもこれもとまとまりが無く、読みづらい部分はどうぞご容赦ください。帰国して数週間、早々と再訪を願い予定を経てる日々です。皆さまも機会がございましたら、ぜひインドへ、そしてダージリン地方のマカイバリ茶園にも足をのばしてみてください。






スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://maruimarui.blog15.fc2.com/tb.php/260-643d035f
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。