FC2ブログ
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.11.16

インド滞在記Ⅲ ~マカイバリ茶園③~

jyuunenn
 紅茶の製造方法は、日本でも見たことがなく今回マカイバリ茶園が初めてでしたが、茶葉の薫るなか、いとおしむように紅茶をつくる現場に接してとても勉強になりました。上の写真は、乾燥した後の茶葉をより、細胞を一部壊している「揉捻(じゅうねん)」という作業中。香りよい茶葉に仕上げるには、この揉み具合が重要なうえに、茶葉により微妙に違うようで、職人さんが付きっきりで見守っていたのが印象的でした。この後、専用の棚に丁寧に並べられて発酵させ、その後、大きなオーブンのようなところで乾燥させ、グレード分けされます。皆が活き活きと、自分の仕事に誇りを持って携わっているということが感じられて、またひとつ紅茶を戴くときの喜びが増えてうれしくなりました。

 朝は、紅茶のテイスティングをする部屋に案内してもらい、茶葉の違いを楽しみました。春摘み・夏摘み・秋摘み・烏龍茶・そして、満月の日に新芽だけを摘んでつくられる世界最高の紅茶「シルバーニードルズ」。それぞれの茶葉の特徴が織りなす口福は、パーマカルチャーを実践している茶園だからこそかもしれません。例えば、春摘み・ファーストフラッシュは、春らしい爽やかな味の中にもほのかな桃の香りを感じます。夏摘み・セカンドフラッシュは、太陽の下さまざまな虫たちが茶葉に飛来し、まろやかなやさしい口当たりと、微かにマスカットの芳香が感じられます。

 パーマカルチャーは、単一作物を栽培するモノカルチャーに対して使われる言葉で、マカイバリ茶園ではそれを「大きく分けて6層からなる」と教えてもらいました。第1層は、広大な敷地の3分の2を占める原生林、第2層は、マカイバリ茶園に常植しているマメ科で日陰をつくるネムノキなど。第3層は、一時的に植えるマメ科で日陰をつくるインディゴなど。第4層は、マメ科の果実の木。第5層は紅茶。第6層は、様々な種類の雑草、ツル植物、土の下の植物。

 動植物にとっても、もちろん人間にとっても、みごとに共存した心地よい空間であることは、私自身が実証済みでした。紅茶畑を歩いた時に、すっぽりと足が包まれるような感覚も、マルチングといって、草を敷き詰めることによって雨季には崖崩れを守り、乾季には水分の蒸発を防いでいるとのこと。人智を尽くして自然と共生し、最高の紅茶をつくる、ということを試みるその気高さに、心打たれたマカイバリ茶園でした。
tea taste 1

スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://maruimarui.blog15.fc2.com/tb.php/256-ccf1ca5b
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。