--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.09.23

「旬」がまるごと

さんま
 職業がら冷蔵庫で大根が途切れることは少ない。漬物には使えない肌が荒れたものや、切れっぱしが多いにしても、大根おろしにしてしまえばみな一緒。しらすと和えて、油揚げを焼いたものと一緒に、酢をかけて、それぞれ簡単で好物だけれど、やっぱりこの時季は秋刀魚とともに。

 食卓に秋刀魚の登場することが多い我が家でも、さんまについては知らないことだらけ、とポプラ社発刊の雑誌「旬がまるごと・11月号」を読んで改めて感じました。「高校生のさんま缶」・「さんまアイス」・居酒屋「秋刀魚」のさんま寿司…。どれも強く惹かれますが、先ずは記載の「取説」を熟読し、良いさんまを選び、極上に焼き上げて、美しくいただくことが一番かと。。。

 向笠千恵子さんの連載<「ストーリー」を食べる>では、地味なぬかどこに注目くださったうえに、すてきな記事にまとめて戴きました。「野菜の味をはぐくむ」「ぬか漬けは、あらゆるいのちが結晶した食品」と、気高い言葉を贈っていただき、気持ちが引き締まります。しっかり心に留めて日々励んでいきたいと思います。79ページ~81ページ掲載です。ぜひご覧ください。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://maruimarui.blog15.fc2.com/tb.php/250-99b281a1
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。