--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.01.06

シンプルであること

The cuisine magazine
毎月の発刊を心待ちにしている雑誌料理通信。最新号は「シンプルスイーツの時代」。鮮やかな表紙に惹かれてページを開くと、そこには夢のようなスイーツの世界が広がっています。技まで織り込まれたレシピ、お菓子にまつわる物語、すぐに旅に出かけたくなるような国内外のお店、そしてまばゆいばかりのショコラ・ショコラ・ショコラ!とても贅沢な1冊です。
92.93ページでは、「食の仕事人」として私も紹介していただきました。スイーツ特集冒頭の言葉「シンプルだから、素材の味わいがストレートに出る。シンプルだから、一つひとつの工程が出来を左右する」これはまさしく、ぬかどこ&漬物にも当てはまり、指針となる言葉です。
甘いもの好きの方は保存版としてもちろんのこと、シンプルという言葉に秘められた特集と併せて、ぜひ御覧ください。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://maruimarui.blog15.fc2.com/tb.php/220-8d66d20a
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
何事もシンプルが一番難しいのよね・・(嘆)
Posted by yuri at 2009.01.07 13:48 | 編集
yuri姫、寒中お見舞い申し上げます。コメントありがとう。今年のキーワードは「シンプル」になりそうです。今年もよろしくね♪
Posted by marui at 2009.01.09 08:49 | 編集
おー!本、見てみますたのしみ。
シンプル。何か買うときも裏の表示を見てシンプルなものに
一票入れます。

金柑煮いいですね。私もやってみよう。
Posted by 竈猫 at 2009.01.09 23:49 | 編集
竈猫さん、いつも応援ありがとうございます。「金柑のふくませ」は、おせち料理のひとつとして習ったものですが、シンプルで美味しいのでたくさん作って配りました。先ず、金柑をよく洗い、風船の様に、縦に数本包丁目を入れて、細串でなかの種を出します。熱湯でさっとゆがいてから、みつ(砂糖をお好みの量溶かしたもの)に入れて柔らかくなるまで煮ます。みつの糖度によっては1年ほど持ちますので、どうぞ機会があればお試しくださいね。
Posted by marui at 2009.01.13 09:50 | 編集
レシピありがとうございます。
まずは、良い金柑を探します・・・植えちゃおうかな。
Posted by 竈猫 at 2009.01.15 00:45 | 編集
竈猫さん、ご丁寧にありがとうございます。植える!という発想、すてきですね♪この時季はおいしい金柑も見つかり易いですから、農薬をあまりつかっていないものを探してみるのも良いかもしれません。
Posted by marui at 2009.01.15 16:54 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。