--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.10.20

大根

農家さんより届く野菜が良いと、日々の仕事が明るくなる。
泥を洗う手、皮を剥き切りそろえる担当、漬け込む人、みんな活き活きしてくる。
今週末入荷分の大根は、残念ながら難ありが多い。
葉っぱは立派なので、嬉しくなって泥を洗っていると、見えてくる肌が荒れている。
皮を剥いてみると、どこまでも傷が深い。
理由は、この夏の猛暑と端境期。
せめて「おいしくなあれ」と願いを込めながらひとつひとつの手作業を繰り返している。

種を蒔き育て上げた生産者の方、太陽に向かって葉を伸ばし地中に根を生やした大根。
1本の大根の重さを考えると、わずかでも疎かにはできない。
漬物にはできない部分を、さてどのように頂くか。
ちょうどお腹の虫も鳴く昼下がり、漬物には使えない切れ端を横目に、スタッフそれぞれ
大根レシピを披露しながら作業する土曜日の午後。



スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://maruimarui.blog15.fc2.com/tb.php/164-806dd3f0
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。