--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.08.31

夏野菜×カレー+チーズ=スープ?

すっかり涼しくなって、めっきり秋の気配。
以前エコマルシェさんに教えて頂いた「奄美カレー」。
奄美大島産のウコンをたっぷり使用したまろやかな辛さのカレールー。
夏の終わりに野菜カレーをと思い、月末作業をしながら鍋で煮込む。
玉ねぎと茄子をよく炒め、湯剥きした完熟トマトをつぶして放り込み、水を加え
かぼちゃ・いんげん・マッシュルームも加え、柔らかくなったところでトマトジュース。
カレールーを溶かして、家中カレーのにおいが充満してもしばらくは我慢我慢。
待つこと小1時間。
熱々のカレーをお皿に盛り、卸したてのチーズをたっぷりかけてできあがり。
肉も加えずあっさりとしているので、どちらかというとスープに近い。

「スープとは慰めである」とは、画家ジョージア・オキーフのことば。
オキーフの菜園料理を再現した本「ラブレーの子供たち」には、彼女のレシピのひとつアヴォカドスープも登場。
カレー粉が隠し味となるこの冷製スープは、「谷崎潤一郎の柿の葉鮨」「武満徹の松茸となめこのパスタ」など、同じく本で紹介されている料理と同じようにいつかは再現してみたいもののひとつ。

8月初めにこの本を贈ってくれた友人は、他にも数冊の本と、カカオ含有率の違うブラックの
ハードチョコレートを数枚同封してくれた。
このハードチョコをカレーの隠し味に少々加え一晩寝かすのもおいしそう。
「このカレーいつもと違うものが入っているの!」
と料理した者のひそやかな楽しみでニヤニヤとしてしまいそうだけど。
rabelais

スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://maruimarui.blog15.fc2.com/tb.php/158-6cfd205a
この記事へのトラックバック
この画集シリーズはシュルレアリズムに焦点を絞り、マン・レイやベルメールが日本語版で見られるという、刊行当時は画期的なものだったと思われるが、復刻版なので画質そして活字が古めかしく図版の量も少なく、さらに高価という3拍子そろったいただけなさであり、買う必要
マックス・エルンスト 〔骰子の7の目 シュ | ひなたのblog at 2007.09.26 04:58
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。