--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.04.24

漬物チャーハン

なす、きゅうり、人参、かぶの葉の古漬けを刻み、水気を切ってから、胡麻油&残りご飯&削り節で漬物炒飯をつくる。ほかほかの炒飯は、漬物の酸味とぬかの香りがご飯とほどよく混じりあい手軽な昼ごはんとなる。あたたかくなると食べたくなる漬物チャーハン。今年も何度つくることだろう。

今週は、大きく咲いていた庭の牡丹がとうとう散ってしまった。
その翌日、二羽そろって今年もツバメがやって来る。お客様も見過ごしてしまうような看板も無い小さな漬物屋を、いったいどうやって憶えているのだろう。わたしにはツバメの気持ちはわからない。でもきっと、毎春飛んできてくれるのだから、ぬかの匂いは嫌いじゃないにちがいない。そう思うとなんだかうれしくなる。

スポンサーサイト
Posted at 18:30 | 料理 | COM(0) | TB(0) |
2008.04.18

ぬかみそつながり

 漬物屋だからといって、いつも漬物のことばかり考えているわけではないけれど、毎日たくさんの時間をともに過ごしているのだから、どうしても目に留まることが多くなる。
 例えば、夜中に本棚の奥から見つけて開いた文庫本、幸田文著「雀の手帖」。ぐいぐいと読みすすみ「ぬかみそ」のページでハタと留まる。漬物屋になる前には、さらっと読み流してしまったのだろう、こんなことが書いてあったとは憶えていない。

 「ぬかみそ桶へ手は入れるが、おつとめに行くのにこの臭気のついた手はなさけない。かといってゴム手袋、菜箸やおしゃもじ、どれもみんな一時的に役立てるだけで、あと仕末や漬けるときには適当でない。なにかよい方法がないだろうか」といった質問に対して、著者は「手より具合のいいものはない」と考えながら「あとで何とか考えれば返事ができるかもしれないという余地」が残る。そして「こういう質問は忘れられない」といって文章は締めくくられる。

 ぬか漬けは好きだけどにおいが気になる、冬に冷たいぬかどこに手を入れるのは億劫。こちらもそんな質問や感想を、ことあるごとに受けて来た身。先日も取材の際にやはり同じような質問をされ「手袋や木ベラなどはどうでしょうか…」と答えたもののしっくりせず、何かもう少しぴったりする手立てはないかしらと母娘で話し合った。

「ぬかみそのことを話しかけられて返辞ができなかった」ということから書き始めた作家。
「手につくぬかどこのにおい」を、数年来の宿題のように考えているわたし。
世事に長け、はるか遠くにいた幸田文という人が、ぬかみそを通じてすこしだけ身近になったように感じる。

suzume-


Posted at 16:25 | ぬかどこ | COM(0) | TB(0) |
2008.04.12

鉄板焼き

 家族内で祝いごとが重なったので、久しぶりに揃って会食する。
近況を話しながら、外での食事は程よい緊張感もあり、新しい食材との出会いもあり春の宵をたのしむ。ふだんの食事では照れて伝えられない感謝の気持ちも、そっと託して織り込んでみたり。家の食卓とは違う角度で座ると、ほんのり桜色になったみんなの顔が、ほころんでいると同時にひとつづつ歳を重ねていることを実感する。
 鉄板の焼ける音、一気に立ち昇る水蒸気、リズミカルに触れ合う調理器具、絶妙のタイミングで加えられる塩ひとつまみ。岩塩と海塩とちがい、旬の野菜の焼き加減、この道20年を経た人の動きと話は、無駄がなくて目にも耳にも心地よいあざやかなライブ。

 「また来ようね」といって喜んだのは、肉好きゆえに家ではちょっぴり迫害を受けている(?)男性陣。
作り手の好みに偏らないようにと気を配っているつもりでも、肉より魚を、牛乳より豆乳を選んでしまいがちな女性陣。何ごともバランスがたいせつ。苦手な肉料理、もう少し挑戦してみようかな。






Posted at 22:29 | 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2008.04.01

チョコレートでお祝い

元スタッフのSさんは、今日から社会人。
卒業旅行先のベルギーチョコレートをお土産に、昨日わざわざ挨拶に来てくれました。
あざやかなピンクマフラーと桜色のショートブーツの装いに、輝く笑顔がよりまぶしく感じられ
「証券会社に決まりました。カブつながりです」とにっこり。
野菜の蕪と、株式の株にひっかけての楽しい報告をありがとうございました。

今朝、お茶の時間にスタッフ皆でおいしくチョコレートをいただきました。
マルイ漬物最年長のFさんは、先週80歳を迎えた大ベテラン。
「今頃はちょうど入社式かしらね。彼女のことだから、きっとどこでも可愛がられるわ。よい出会いがたくさんあるといいわね。わたしの20代も想い出すわ~」と昔話に花も咲き、いつにも増してたのしい時間になりました。

落ち着いたら、ぜひまた遊びにいらしてくださいね。
かぶ漬物をご用意してお待ちしています。笑。

20080401


Posted at 18:40 | 未分類 | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。