--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.11.07

おいしいふたつ

今週に入ってから、来年度の打ち合わせが連日入る。
今日は出向いた先で時間が空いたので遅めの昼食をとろうと思い、一駅歩いて神田淡路町まつやに蕎麦を食べに行く。
暖簾をくぐり、がらがらと音を立てて引き戸を開けると、午後2時を過ぎたというのにどの席もほぼ埋まっている。
店内をぐるりと見回してから席に案内され、相席の会釈をして腰をおろすとほっとする。
昔から少しもかわらない気持ちのよい雰囲気が満ちている。
蕎麦を食べて蕎麦湯を何杯も楽しんでからひといきいれる。
ああ、やっぱり来てよかった。またこよう。

7年ぶりにまつやに足を運んだ理由のひとつは、一冊の本の吸引力。
題名は「おいしいふたつ」著:大澤祐寿子・大澤邦彦
父娘の共著は、ほほえましく、そして絶妙のセレクション。
老若男女国籍問わず、くいしんぼうは必読です。
oishii






スポンサーサイト
Posted at 18:24 | お店 | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。