--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.06.23

夏至

小雨がぽつぽつと降るなか、昨夜はろうそくの小さな灯りたちとともに過ごしました。
いつもとは違う夜の食卓。
心なしか会話も小さな声でゆったりと、生野菜を噛む音、食器や箸の触れ合う音
梅酒のなかでゆっくり氷が溶けていく香りにも敏感になり
目が慣れてくると、ほの暗さが心地よく感じられ、いつもは明るすぎるかなと思ったり
それぞれが思い思いに夏至の短夜を楽しみました。

ガレージ前では夜7時過ぎから10時まで、ろうそくを並べました。
道行く人たちは「きれいですね」「何してるんですか」と立ち止まり
「キャンドルナイトをご一緒にいかがですか」と説明することも度々。
「今日はどなたかの命日ですか?」と尋ねるご近所さんも。
geshi

今週末は日本各地で「100万人のキャンドルナイト」も行われます。
ライトダウンされた街を楽しんだり、家でゆっくりろうそくの灯りのもと想いをはせたり
でんきを消してスローな夜を、いかがですか。

スポンサーサイト
Posted at 10:50 | 未分類 | COM(6) | TB(0) |
2007.06.22

大阪 なんばパークス にて

大阪「なんばパークス産経学園」にて
6/17に飯尾醸造さんの「体にやさしいお酢の話と梅酢作り」を受講して来ました。

京都・宮津の棚田で無農薬の米づくりから携わっていらっしゃる飯尾さんの講座は
「ほんとうにおいしいお酢はどのようにつくられるのか」ということを教えて下さいました。
原材料によって香り・味・色が違うというお酢の試飲まで体験し
お酢本来の持つちからと賢さも知ることができ
お酢という液体がお酢づくりに携わるみなさんの誇りのようにも思えました。

<日本の伝統食を知る・食べる>という講座は、月に1回第3日曜日開催です。
来月は柿の葉寿司作り。そして8月は私が「ぬかどこ講座」をつとめます。
9月の、糀屋団四郎さんの「お味噌の味比べ講座」まで盛りだくさんです。
関西地域お近くの方、ご興味がおありでしたら下記よりアクセスして詳細を御覧下さい。
★ なんばパークス 産経学園<日本の伝統食を知る・食べる> ★

こちらは講座で仕込んだ梅酢。
無農薬の青梅に富士酢と氷砂糖を加えたもの。
5日間ほど経ち、すでに氷砂糖は溶けてほんのり色づいています。
来年夏どのような梅酢ができがるのか、楽しみに待ちたいと思います。
ume-su


Posted at 16:00 | 未分類 | COM(0) | TB(2) |
2007.06.14

明日から

明日から5日間、関西出張へ行くことになりました。
インターネット店は臨時休業、発送手続きやお問い合わせなどへの返信も6/20以降となります。ご迷惑をお掛けして申し訳ございませんが、どうぞご了承ください。
(ぬかどこの攪拌は、休まずスタッフが続けておりますのでご安心ください。)

窓ぎわのエンジェル・トランペット。
ジョージア・オキーフの描く花のように、吸い込まれそうな色合い。
20070614


Posted at 13:46 | お店 | COM(0) | TB(0) |
2007.06.07

エル・ア・ターブルでご紹介頂きました

elle 1

今月発刊 ELLE A TABLE No.32(アシェット婦人画報社)の「食の職人たち」という欄でご紹介頂きました。
お話を頂いた時に「職人にはほど遠い」と、ためらいもありましたが、ぬか漬物という地味な存在に注目してくださったことが嬉しくて、お引き受けすることとなりました。

記事を拝見し、スタッフ皆で「わぁ~」と歓声をあげました。
野菜の色は目にも鮮やかにおいしそう、ぬかどこの熟成のようすもにぎやかに、そしてぬか漬物の賢さまで素敵な文章でご紹介いただき、ひたすら感謝のおもいで一杯です。
日々漬け込に携わっている私自身にも、働いているなかでふと忘れかけている大切なものを、誌面を通して改めて感じさせてくださいました。
「職人」という言葉は、私にとっては冠のように大きなものですが、これからもしっかり励んでいきたいと気持ちを新たにしました。

112・113ページの掲載です。
どうぞお手にとって御覧下さいね。

Posted at 14:34 | 未分類 | COM(2) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。