--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.12.30

終わりと始まり

かつて一編の詩が、わたしを地球の裏側まで連れて行ってくれ
一枚の画が、時空を越えて想いを馳せることを教えてくれた。
今は、一通の手紙(&メール)・1本の電話・会話を通じての一言が
前進することの大切さを教えてくれる。

「仕事=自然・天然に接すること」=生活することへ直結する日々にあって
お客様に励まし叱咤して頂きながら、原材料野菜と対話をし、ぬかどこの菌に勇気づけられ
今年はいつにも増して多くの支えを頂き続けてこられたように感じています。

今年初めに公言した「個人用木樽の完成」は実現に至らず悔しい思いもありますが
来年に向けて引き続き試作を繰り返して行きたいと思っています。

1年間マルイ漬物をご愛顧頂きまして本当にありがとうございました。
どうぞ来年もよろしくお願い申し上げます。

2007年が、みなさまにとって倖多き年でありますように。

koniec i poczatek


スポンサーサイト
Posted at 07:29 | 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2006.12.21

糀屋団四郎

miso

この仕事を始めてからまだ6年ほどですが
発酵つながりで頂いたご縁を日々ありがたく感じています。
時間をかけてこれからどのように熟成されていくのかも楽しみのひとつ。
そして今冬も、そんな出会いがまたひとつ。

新潟県で天然醸造の手造り味噌をつくっておられる糀屋団四郎さん
花道から声をかけてみたくなるような端正な屋号は、一度聞いたら忘れませんが
こちらの生味噌を一度口にすると、きっとファンになってしまいます。
大豆が見え隠れしていて柔らかめの生味噌は、香りよく上品な旨味が詰まっています。
今日は大根と厚揚げの味噌汁に、明日は帆立のぬた和えにでもしようかしら。。。

写真:「糀屋団四郎さんの生味噌」と「洋梨ルレクチエ」どちらも新潟県の逸品です。

Posted at 18:18 | お店 | COM(0) | TB(1) |
2006.12.14

ブリュッセルから

noel

マルイ漬物スタッフとして、日々ぬかどこの攪拌を助けてくれた大学生Sさんが
留学先よりクリスマスプレゼントを送ってくれました。

同封して頂いた包みも華やかな甘いベルギーチョコレートを口に溶かして
聖ニコラの衣装を着たマヌカン(=小便小僧)と記念撮影した写真を拝見し
皆で手紙をまわし読みしながら、お茶の時間を楽しみました。

たっぷりとした厚手の装いに「石造りの国の寒さがわかるわね~」と皆で想像し
「でも、ここ(マルイ漬物)の方がずっと寒かったりして!?」などなど。
カードとかわいいスノーマンの靴下は、早速事務所に飾りました。

Sさん、素敵な贈り物ありがとうございました。
ブリュッセルで愉しいクリスマス&素敵な新年を迎えて下さいね☆

Posted at 19:24 | 未分類 | COM(0) | TB(1) |
2006.12.01

花の環

200712

今冬も叔母より手作りのリースが届きました。
兵庫県の山も例年より暖かいらしく、既に葉っぱも色づき赤い実もこぼれ落ちた後のため
思ったようなものにはならなかった、とのことですが
店舗もなく看板も小さなマルイ漬物にとっては店先で唯一目に留まるものかもしれません。
関西の山奥で育った枝、葉、小さな実が、東京の冬空の下どのような色合いに変わるのか
これからが楽しみです。


Posted at 09:13 | お店 | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。