--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005.10.30

おぼくり

イサム・ノグチ展へ行ってきました。
代表的な彫刻以外にも、今年完成した「モエレ沼公園」にある遊具(触って遊べる彫刻)も
中庭に設置され、曇り空の下、水たまりも気にせず子供たちがよじ登って遊んでいました。
今回の展覧会ポスターにもなっている「エナジー・ヴォイド」。
初めて実物を見上げて、存在感のある美しい形に引き寄せられました。

石の彫刻は、やはり屋外で自然光に包まれて見たいもの。
研磨された側面に映る空・陰・月灯り。
近いうちに牟礼のイサムノグチ庭園美術館を訪れてみようかな。

清澄庭園を散策し、天王洲アイルで朝崎郁恵さんの唄を堪能した後、奄美大島料理で乾杯。
夜中、家路に着き、柔らかな「あかり」の中で眠りました。

おぼくり (奄美大島の古い言葉で「ありがとう」の意味)



スポンサーサイト
Posted at 23:53 | 未分類 | COM(0) | TB(1) |
2005.10.26

ほととぎす



「ほととぎす」を2本頂く。
公園に行く道すがら、よく見ていた花の名前が「ほととぎす」であったことを初めて知る。
「ほととぎす」と聞いて真っ先に思い浮かべたのは、鳥ではなくて句誌「ホトトギス」。
病床でも、衰えないどころか益々旺盛になった正岡子規の食欲。
庭の草花と同じように食べ物にまつわる句も多い。

夕方から降り始めた雨ですっかり寒くなってきた。
よく食べてよく眠って、風邪をひかないようにしなくては。

秋もはや塩煎餅に渋茶哉  正岡子規
Posted at 17:58 | 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2005.10.24

kaki

「祖母の家で取れた『無農薬』の柿です」
とマルイ漬物のスタッフSさんより、柿を頂きました。
しっかりとした枝ぶりと大きな葉っぱ。
照りのよい皮を剥いていくと、ずしりとした重さからあやうく落っことしそうに。
とても甘くて美味しい柿でした。
ごちそうさまでした。

夏にやって来た[木樽」は,「柿渋仕上げ」。
来年は柿が青いうちに伺って、実をもいで醗酵させ「柿渋」に挑戦してみようかな。


Posted at 18:03 | 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2005.10.19

誕生日

flower b

母の誕生日。
リクエストに応えて、隣町の「瀧口酒家」に家族で行きました。
コラーゲンたっぷりな「魚の胃袋の炒め物」も頂き、すっかり満足し、ぽっかり浮かんだ月灯りの下、散歩しながら帰ってきました。

母には本当に感謝しています。
こちらが助ける歳になっても、いまだに公私共に支えてもらっています。
いつもありがとうございます。
どうぞ、いつまでも元気でいてくださいね。

Posted at 22:13 | 未分類 | COM(3) | TB(0) |
2005.10.17

朝の一杯

涼しさを通り越して随分と冷えてくる。
寒くなると、熱い煎茶が朝の習慣になる。
たっぷりと入れた湯飲みを両手で包むように、少しづつ飲んでいくと、半分眠ったままの身体が、指先から、喉もとから、温められて動き始める。

仕事に取り掛かる前に、目を通すブログがいくつかある。
茂木健一郎氏のブログは、朝の一杯と同じように、始まりのスイッチを押してくれる貴重なもの。
「言葉の贈り物」がちりばめられていて、勇気が出てくる。
「同時代を生きること」ができて嬉しい。







2005.10.13

プロヴァンス土産

nougat

マルイ漬物で一番若いスタッフ、大学生のSさんが短期留学より戻ってきました。
週に2度、ぬか床の攪拌を手伝いに来てくれる心強い助っ人さんです。

彼女のお土産、「ヌガー」を皆で頂きました。
程よい硬さ、口の中で柔らかく溶けていく甘さ、ナッツ類の歯ざわりと香り。どんどん手が伸びて、あっという間に残り3個。。。
この上品な甘さはクセになりそうです。
チョコレートは明日のお楽しみ♪

Sさんごちそうさまでした。
フランス映画、また面白いものがあれば教えて下さいね。




Posted at 20:52 | 甘味 | COM(0) | TB(0) |
2005.10.11

判断力の低下?決断力の欠如?

日曜日、新幹線の棚に置き忘れてきた折りたたみ傘、
連休の明けた今日、教えてもらった上野の遺失物係に問い合わせてみる。
「残念ながら、その列車の傘のお届けは、長い緑の傘ひとつだけです」
8年も使い、既に外袋も無くなっている古い傘を誰が持っていくのだろう、と思うと不思議になる。

東京駅の長いエスカレーター途中で「傘が無い」と言った私に
「今引き返せば、電車の中確認できるかも」と友人は即行確認を促してくれたのに、ちょっとぐずぐずしていた間に、小さな折り畳み傘は、どこかに消えてしまっていた。。。






Posted at 18:01 | 未分類 | COM(2) | TB(1) |
2005.10.09

日帰りで

小雨降る日曜日、日帰りで軽井沢に行ってきました。
朝の軽井沢高原文庫の武満徹展から始まって、すっかり日が落ちた後の、丸山珈琲での一杯まで。
計画性も無く新幹線に飛び乗ったのに、落ち合った友人一家に連れられて「軽井沢の一日」を満喫してきました。

東京に帰る途中、友人は傘を忘れたことに気付き、そんな話を聞きながら、私も新幹線にしっかりと傘を忘れてきました。。。





2005.10.06

空想あれこれ

月末締めの事務処理が長引いて、その上いつものように雑用も山積み。
なかなかパソコンの前から動けず。

すっかり寒くなっってしまったので、暖かな料理を想い出ししばし休憩。
代々木駅近くのカウンターフレンチなりたの豪勢な「鴨のコンフィ」。
参宮橋ビストロクリクリ長寿メニュー「ルンピア」の、包み湯葉を切り分けた時に、とろっ~とはみ出すタラバガニのソース。
茶沢通り沿いにある虎の子の「常夜鍋」から立ち昇る白い湯気。
どれもソルボンヌK子さんに教えてもっらたお店。

記憶を辿っても残念ながら「絵に描いた餅」。
隣町まで出かけるのも億劫になる冷え性の季節到来。
ますます出不精になりそうで恐ろしや。


Posted at 19:05 | お店 | COM(0) | TB(0) |
2005.10.04

秋雨

higanbana

千駄木の先生のお宅で2時間ほど話した後、帰りがけに玄関で「庭に咲いていましたので」と
黄色い彼岸花を頂いて帰る。
しばらく千代田線に揺られて地上に出ると、雨もずいぶんと小降りに。
暗い坂道を昇っていると、甘い香り。
傘を外してあたりを見回すと,石造りの塀の先から銀木犀の白い花がのぞいていた。

夏の間閉じたままだった絵の具箱、そろそろ開けてみようかな。

Posted at 23:44 | 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2005.10.02

黒米サラダ

kurokome

新米の便りを聞く「実りの秋」到来!
マルイ漬物にも、新潟県魚沼より特別栽培米コシヒカリの米ぬかが届きました。

黒米サラダを、PIATTIさんのドライトマトを使い、ホームページのレシピを参考に作ってみました。
黒米、たこ、ドライトマト、パプリカ、ピーマン、玉ねぎ、セロリ、ケッパーを、米酢で和えたオードブル。
「ヘルシーで美味しい」とお褒めの言葉を頂きました♪

新米の季節にはぴったりの一品です。





Posted at 23:50 | 料理 | COM(2) | TB(0) |
2005.10.02

日曜日

夏に戻ったような暑さの日曜日。
富ヶ谷のルヴァンへ、予約したクロワッサンとメランジェを取りに行く。
「持ち寄りでホームパーティを!」という時に、リクエストの多いパン屋さん。
噛むほどに甘さと美味しさが深まり、香りが広がっていく。

週末には焼きたてを求めて、朝早く自転車で買いに行くことも。
近くの道路脇で、我吾紅が風に揺れていた。
いつの間にかずいぶんと空が高い。




Posted at 10:46 | お店 | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。