--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005.09.29

亜鉛でランチ

「とても美味しいので、2週間連続でお昼に行ってきました。」
とGaさんより聴き、食いしん坊の血が騒ぎました。
午後、仕事場を抜け出して新宿伊勢丹会館にある「AEN(亜鉛)」に。
遅い時間に駆けつけたので、限定ランチはすでに終了していましたが、「あえんセット」を注文。
「黒豚ハンバーグ」や「コロッケ」など、肉料理も、あっさりとしていてしかもジューシー。それぞれの野菜の甘味がしっかりと感じられるサラダ・薫りのよい玄米ご飯・お出汁の効いた薄味のお味噌汁、切干大根の箸休め・口当たりのよい豆乳のデザート・まで堪能してきました。
まわりを見渡すと、お茶の時間にもかかわらず、私のように遅い昼食をする人もちらほら。
「平日にランチ」という「贅沢な時間」をしっかりと楽しんできました。
Gaさん、これからも「美味しいお店」教えて下さいね。

スポンサーサイト
Posted at 22:27 | お店 | COM(0) | TB(0) |
2005.09.27

Big Carpet Trilogy

Big carpet  trilogy

先日特注していた、野菜のアクセサリーが完成!
(上の写真を拡大できます)
Big Carpet Trilogy 副社長のセンスが冴える一品。
「漬物にする野菜を」というわがままな願いを見事にかなえて頂きました。
(虫喰い野菜はありませんでした。。。)
動くたびに、かぶ、なす、大根、人参、玉ねぎ、かぼちゃ、が胸元で揺れて小さな音をたてています。
かぶは、夜光性。暗い場所では緑に変色して、「ぽっ」と灯ります。

アクセサリーひとつで,服装も意識も少しづつ変わり
秋の楽しみがひとつ増えました。

Thank you Jurily !


Posted at 08:24 | 未分類 | COM(4) | TB(0) |
2005.09.26

月曜日のお店 その五

3連休明けの月曜日、穏やかなあたたかさのなか配達。
5件目の配達店は、ボン・ラスパイユ目黒店
目黒駅ビル、ヒルトップガーデン目黒オレンジ館地下1階にあります。
こちらは、EAT IN も併設されています。
厳選された食材を使ったランチメニューは、野菜もたっぷり摂れてヘルシーです。本日は「トマトオムライスカレー」が目を惹きました。
Posted at 15:20 | お店 | COM(0) | TB(0) |
2005.09.21

伊勢丹府中店にて催事参加中

9月27日(火)までの一週間、伊勢丹府中店地下1階、レジ近くのブースにて「蔵の素フェア」を開催しています。

蔵の素」とは、天然アミノ酸が豊富に含まれている醗酵調味料です。
素材の美味しさを引き出すお酒として、料理やお菓子など、ジャンルを問わず注目されている料理酒。マルイ漬物でも、ぬか床、漬物に使用しています。

料理酒「蔵の素」。「蔵の素」を使用した「顆粒だし」「昆布しじみ醤油だし」「旨納豆」「塩辛」「練り物」等。安心安全な商品を今回ご紹介しております。
(どれも美味しいです!)

「ぬか床」「漬物」もご紹介中です。
ぜひお立寄り下さい。

Posted at 20:52 | お店 | COM(0) | TB(0) |
2005.09.20

彼岸の入り

朝のうちに墓参り。
境内の銀杏はまだ色づいていませんでしたが、タイヤの巻き込んだ落ち葉はカラカラと乾いた音を立てていました。

今から54年前、祖父母が関西より出てきて八幡山で始めた「池田屋漬物店」。
その数年後に今の場所に移り住み、本格的に商売を始めたようです。

小学生だった父親が、9月、東京に移り住み、初めて食べた「納豆」と「秋刀魚の開き」。
今では好物のひとつになったようです。

祖父が居て 五匹の秋刀魚 そろう夜





Posted at 08:57 | 未分類 | COM(1) | TB(0) |
2005.09.18

中秋の名月

今春、島根県を訪れた際に、かねてより行きたかった足立美術館へ行ってきました。
お茶室で頂いたのが、薄墨色の羊羹「日の出前」。
寒天を使用せずに、砂糖と小豆だけで練り上げた羊羹の上品な甘さに、すっかり魅せられてしまいました。
昨日、日本橋の島根館を訪れた際に、河井寛次郎命名の「日の出前」を見つけて早速購入。
中秋の名月に想いをはせながら、「月餅」ではなく、「日の出前」を家族皆で頂きたいと思います。

日の出前 三英堂

Posted at 19:10 | 甘味 | COM(0) | TB(1) |
2005.09.17

遊び心

夜になると光るのはこの時期「蛍」と決まっていますが
Zowie E Osa特注のアクセサリーは、おたまじゃくが胸の上で夜光性に。。。

漬物にも遊び心を取り入れるべく、マルイ漬物特注の「虫と共生する野菜のアクセサリー」を只今注文中!
さてどんなものが出来上がるか、楽しみにしています!!
Posted at 12:47 | 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2005.09.14

いつものお客様

tsukemono


配達時、商品を並べていると、
「この前のきゅうり漬は、少し漬かりが浅かったわね。
夏場だからかしら??」


「夏場・冬場・漬けるぬか床の塩分はほぼ一定ですが、
夏場は冬場よりも早く漬かりますので、漬け時間とぬかの量を少なめにしています。
気温・湿度はもとより、野菜の硬さをみながら調節しておりますが、
若干、漬かり具合に波もございます。」

お客様
「ビール飲むと塩辛いものが欲しくなるものね♪」

ニコッと微笑んで、「きゅうり漬」「大阪漬」を手にとって行かれました。
マルイの漬物が並ぶ今夜の食卓では、どのような会話になるのでしょうか。




Posted at 13:48 | お店 | COM(1) | TB(0) |
2005.09.07

永田紗戀さん&納豆三昧 その弐

「ちび丸」「ゆきしずか」「でか豆」、どれも矢口納豆製造所さんが丹精こめて作られた納豆。
それぞれのお豆の薫り、旨み、後味の良さ。
冷蔵庫を開けてどれを食べようか一瞬迷うしあわせ。
「ちび丸」の小粒で口当たりの良い食感
「ゆきしずか」の淡く溶けてゆくようなまろやかさ
「でか豆」の存在感のある香り
永田紗戀さんの墨の書体に包まれたパッケージが、一層引き立てます。

表参道のハナエモリビル横、東京三菱銀行側面のギャラリーでは
永田紗戀さんの初個展「書女Ⅰ」が開催中です。
和紙に染み込んだ書の濃淡、たくさん「想い」の詰まった作品でした。

Posted at 17:21 | 納豆 | COM(0) | TB(0) |
2005.09.06

台風14号

黒竹の葉が窓に当たる音で、昨晩は何度か目が覚めました。
「東京世田谷区で浸水」のニュースが流れ、一昨日は関西や近県の友人たちから「大丈夫?」とのメールが相次ぐ。
築50年以上では心配も無理ないかな。。。

有難いことに、浸水や雨漏りも無く、毎日漬け込みを行っています。
湿度が高いので、仕事場の床がいつもより乾きにくくて困りもの。
心配なのは、「非常に大型・台風14号」の農作物への影響。

どうぞ、「めぐみの雨」でありますように。

Posted at 14:43 | 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2005.09.01

台所の音

朝10時過ぎに仕事場の音が変わります。

きゃべつを洗う音
大根を剥く音
人参を切る音
茄子を塩もみする音
ぬか床を混ぜる音
今日漬ける野菜の下ごしらえの音たちが「お茶が入りました」の一言で少しづつ止まっていきます。お茶を飲みながら身体をあたため、ほっと歓談した後、気合を入れ直すひととき。

今日は我ながらおいしそうにお茶がはいった、というときはすっと部屋にはいれ、すっと茶碗が出せ、すっと引上げてこられる。
 幸田文 著  「机辺」より


9月のはじまり、今日のお茶は色よくいれられました。




Posted at 11:06 | 未分類 | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。