--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005.07.31

花火

夕方から始まった「東京すみだトリフォニーホール」でのコンサート。
20時過ぎに終わり、ホール入り口に降りると、ふと潮の香り。
浴衣姿の女性が、団扇片手に遠くの隅田川の花火を見上げていた。

思う事の空にくだくる花火哉
寺田寅彦



スポンサーサイト
Posted at 00:00 | 未分類 | COM(0) | TB(1) |
2005.07.28

蓮豆腐

先日茨城県より美味しい蓮根を頂いたので、かねてより気になっていた「蓮豆腐」を作ってみました。

「蓮豆腐」とは、江戸時代(天明年間)にベストセラーになった「豆腐百珍」という料理書に,「通品」として載っているものです。多彩な豆腐料理の数々を、実際に料理し、再現し、写真入で刊行された、<新潮社・とんぼの本>を、参考に作りました。

木綿豆腐の水気を切って、おろした蓮根と同量をよく混ぜ合わせて、美濃紙に包んで煮茹でします。白味噌に、あたり胡麻と少量の砂糖を混ぜ、器に敷き、その上に煮茹した「蓮豆腐」をのせて、一味を軽くふりかけて頂く、というものです。

手持ちの「美濃紙」は無いので、煮茹せずに、蒸すことに。
胡麻は、「すり胡麻」を軽くあたる程度にしたのですが、
このように手抜きをしても、なかなか美味しく、淡白な豆腐と蓮が
うまく合わさって、舌触りもよく、乙な一品でした。

久しぶりに「すり鉢」を使いました(笑)



Posted at 19:38 | 料理 | COM(0) | TB(0) |
2005.07.26

梅の種

台風が近づき蒸し暑い日が続いています。

ぬか床をお手入れする中で、いつもと違う「!」という薫りがしたら「梅の種」を入れてみてください。
召し上がった後の「梅干の種」でも結構です。水で洗ってから、軽くふき「梅干の種」を3~4個入れておくと、ぬかの薫りが戻ってくることでしょう。梅の防腐作用がうまく「ぬか床」に作用するようです。
(但し、かなりキツイ匂いがしている場合は難しく、初期段階の薫りの変化に効くものです)

梅干をそのまま入れると塩分過多になりますので、必ず「梅の種」だけを入れてくださいね。

Posted at 19:44 | ぬかどこ | COM(0) | TB(0) |
2005.07.25

月曜日のお店 その弐

本日の配達店、お昼過ぎのお届けは
株式会社ナチュラルハウス青山店。表参道の交差点からすぐの便利な場所にあるお店です。

野菜・お豆腐・納豆・お菓子・パン・お魚・お惣菜・化粧品・ヨガグッズなどなど。
目にも楽しい商品につられて、配達の途中でついつい店の奥まで辿りつき、買い物を。。。

今日は「日替わり弁当」を。
たっぷりのじゃこご飯に、卵焼き、五目豆、鶏の南蛮挙げ、キンピラ、かぼちゃとがんもの煮つけ、青菜とささみの和え物、野菜包の餃子風、プラス、お豆腐のお味噌汁。
とにかくお惣菜が毎日多種多様。そして、毎日具の違うお味噌汁。

美味しくて栄養バランスのよいお弁当です。

Posted at 17:31 | お店 | COM(0) | TB(0) |
2005.07.21

長芋のぬか漬

今週は青森県より有機栽培の長芋が届きました。

ぬか漬物にすると、しゃきしゃきとした歯ざわりはそのままに、適度な塩味とぬかの風味が合わさり、とても美味しい漬物になります。

先ず細めの長芋を選び(均等に早く漬かるので)、よく洗って泥を落としてから漬けます。皮をむいたほうが早く漬かりますが、粘り気が気になる方は、そのまま漬けても結構です。皮が厚い場合は、部分的にピーラーで皮をむいて漬けて下さい。

栄養価の高い長芋を、ぬか漬物にすることで、さらに優れものに。
「夏バテ防止」にお奨めの一品です。
Posted at 18:57 | 野菜 | COM(2) | TB(0) |
2005.07.20

江戸崎かぼちゃ

茨城より「江戸崎かぼちゃ」が届きました。
「この時期お奨めの野菜のひとつ」ということで有難く頂きました。

手に持つとずしりと重く、切ると緑がかった鮮やかな黄色。
焼いて何も味付けせずに食べてみると、とても甘く、ホクホクとして
「野生の味」を強く感じました。

かぼちゃは、武者小路実篤もくりかえし描いた野菜のひとつ。
きっとかぼちゃの持つほのぼのとした形と安定感を好んでいたのでは、などと考えました。





Posted at 17:44 | 野菜 | COM(0) | TB(0) |
2005.07.18

月曜日のお店  その壱

「海の日」なのに、コンクリートジャングルの合間をぬって配達です。
月曜日配達のお店は10件程度。

ちょうどお昼過ぎに到着するのは、美味しい匂いの漂う商店街の真ん中にある広尾のオーガニックのお店 - ナチュラルマート NATURAL MART
陽光あふれる店内には、大地の恵を一杯に受けた野菜や、マクロビオティック商品、オーガニックフードなどなど。買い物をしていてとても楽しいお店。

今日は「茎工房のナチュラルクッキー(いちじく)」と「有機豆乳飲料(バニラ)」を買い、車で栄養補給しました。


Posted at 14:54 | お店 | COM(0) | TB(0) |
2005.07.14

「お熱いのがお好き」

暑い夏こそ熱い紅茶を。

お湯を沸かし、ポットを温めて、そして茶葉の開くひととき。
慌しいときこそ、ゆったりと、とっておきの紅茶で。

本日は、マカイバリ茶園の ダージリン有機紅茶 2005年夏摘み
ヴィンテージ(マスカテル)。口にすると、喉を伝って身体全体に行き渡り、温められて、裡から調和させてくれる、そんな素晴らしい紅茶です。http://www.makaibari.co.jp/


Some like it hot
Some like it cold
Some like it in the pot
Nine days old
-Nursery Rhymes-


2005.07.13

にがうり(ゴーヤ)のぬか漬け

今週は、沖縄県より特別栽培農産物(無農薬無化学肥料栽培)のにがうりが届きました。

数年前より、東京の店先でもよく見かける夏野菜となりました。
「ぬか漬け」にしますと、にがうりのほろ苦さはそのままに、
ぬかの甘味とよく合ってとても美味しいおつまみになります。

薄く切って、削り節をふって、ビール・焼酎とよく合います。
先ずはゴーヤチャンプルで余ったにがうりのかけらでも、ぬか漬けにしてみませんか?

Posted at 07:56 | 野菜 | COM(10) | TB(0) |
2005.07.11

小林古径展

東京国立美術館で開かれている「小林古径展」に行って来ました。http://www.momat.go.jp/
初夏の空の下、涼やかな稜線で囲まれた会場は、まるで「画」という木立に立って微風を浴びているような、そんな爽やかな午後になりました。

「茄子」の画も何点か出品されていました。
「野菜」というよりも、「自然の一部」を切り取ったようにみずみずしく、静かな力を感じさせ、普段何気なく手にとる「茄子」を、改めて視たように思いました。
Posted at 07:56 | 野菜 | COM(0) | TB(0) |
2005.07.10

納豆三昧

「でか豆」納豆を食べました。
「がんこおやじ 黒豆納豆」を食べて以来、矢口納豆製造所さん>http://www.gankooyaji.co.jp
の納豆のファンです。でか豆」とシンプルに墨字で書かれた包みを開き、藁を開けると、ぷーんと豆のよい薫り。これを贅沢に「藻塩」で混ぜて頂きました。朝からしあわせなひとときでした。

家族は私の「でか豆」をつまみながら、お気に入りの「100%北海道大粒」(大力納豆さん)を美味しく食べておりました。1日の始まりに美味しい納豆は元気の素です!http://ww5.et.tiki.ne.jp/~dairiki/
2005.07.07

七夕

今日は、丸々とした濃紺の見事な茄子が届きました。
千葉県産の有機栽培農産物。


子供の頃、七夕の夜に茄子で牽牛を、きゅうりで馬を作ったことを想い出しました。(トウモロコシのヒゲで馬の尻尾に見立てたり)

今年は何をお願いしようかな。。。


Posted at 22:20 | 野菜 | COM(0) | TB(0) |
2005.07.06

「ぬかどこ」を味見していますか?

本日のマルイの「ぬかどこ」、とても美味しいです。
口にすると、酸味と塩味が調和して、後味にほんのり「ぬか」の薫り。

「ぬかどこ」のお手入れは「土つくり」のようなもの。良い土壌からは美味しい作物が収穫できるように、調和の保たれた「ぬかどこ」に漬けた野菜は、一晩で美味しい「漬物」になります。

「ご家庭のぬかどこ」のお味見をお奨め致します。
(食べ過ぎに注意!!)
Posted at 20:34 | ぬかどこ | COM(3) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。